スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

就業規則改定に至る流れ(簡易版まとめ) 

2007年11月前半;『インパクション』第160号に、金光翔氏の論文「<佐藤優現象>批判」が掲載される。

2007年11月29日;記事「「佐藤優」批判論文の筆者は「岩波書店」社員だった」が掲載された『週刊新潮』2007年12月6日号が発売される。

2007年12月5日;岩波書店、金氏に、論文に対して「口頭による厳重注意」を下す。

2011年3月29日;岩波書店労働組合、形式的には岩波労組員であった金氏を除名。

2011年4月1日;岩波書店、金氏に対し、このままならばユニオンショップ制の労働協約に基づいて金氏を「解雇せざるを得ない」と通告。
http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-entry-34.html

2011年5月24日;岩波書店、ようやく首都圏労働組合を団交相手として認め、金氏の解雇はとりあえず回避される。
http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-entry-37.html

2013年1月24日;岩波書店と岩波書店労働組合との間で、過去の時間外労働の未払い分として、希望者に15万円を支払うことが妥結される。支払いの際には、社長が一人一人に声を添えて渡すことも決められた。

<岩波書店においては残業代、休日出勤に対する特別手当が、金氏の要請を受けて労働基準監督署が介入するまで、存在しなかった。会社は、15万円を、岩波書店労働組合員ではない、部長・副部長・課長にもそれぞれ支払った。>


2013年3月8日;岩波書店、金氏に対する時間外労働の未払い分の支払いを拒否。

<会社は2010年12月24日に、2008年6月から2010年5月までの期間の時間外労働未払い分として、金氏に11万2410円を支給した。そこで金氏 は、15万円との差額分を支払うよう2013年3月1日に求めたが、会社は既に支払ったとして差額分の支払いを拒否した。会社は、金氏以外の社員約200 人全員、しかも割増賃金を貰っているはずの、岩波書店労働組合員ではない部長・課長も含めた全員に、希望があれば15万円を支払う旨を伝えているにもかか わらず、金氏にだけは、支払わないと言っているのであり、これは明白な嫌がらせである。>
http://shutoken2007.blog88.fc2.com/blog-entry-44.html

2015年4月10日;岩波書店、大幅改定した就業規則を公布。

(首都圏労働組合)
スポンサーサイト
[ 2015/05/13 01:01 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。